テーマ:芸能・文化

喜友名朝仁先生の顕彰CD

舞研の月例研修会で、喜友名朝仁先生の顕彰CD「雲中白鶴」がご紹介されました 9月30日に3枚組で発売となるとの事。 早速、予約を入れて参りました 喜友名朝仁先生とは、残念ながら面識がありませんが、甥御さんであり、お弟子さんでもある喜友名朝宏先生からお話を伺った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙夜寄席へ

毎月第2、4金曜日の21:45より、繁昌亭にて若手噺家さん達の勉強会「乙夜寄席」があります 6月はリニューアル期間で1ヶ月お休み、7月はぎーぎーが忙しくてタイミングが合わず行けませんでした。 が、9日夜に久々繁昌亭へ。 大笑いしてきました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇想の系譜展

3月に入り、春を感じられるようになって参りました 東京の国立劇場にて琉球芸能公演が行われるとの事で、実家へ帰省 9日(土)、琉球芸能公演を観に行く前に、東京都美術館で開催されていた「奇想の系譜展」に行って参りました 絵画は全般的には好きなのですが、洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンプ流ぅ芸能団 関西公演行ってきました

16日(土)、大正区にあります大阪沖縄県人会館にて、「チャンプ流ぅ芸能団」関西公演がありました 組研でご一緒だった、知念勝三氏がチャンプ流ぅ〜メンバーのお一人という事で、久々に応援です 今回はメンバーの嘉陽田さんが都合で来阪できず、代わりに喜友名朝樹さんが応援でいら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぢゃんな5号発刊

12月13日に『ぢゃんな 5号』が発刊された、と協会のホームページに掲載されておりました 昨年関西で行われました師範・教師試験の際、会長の長浜先生より説明を頂きましたので、お弟子くんと 「それは是非購入して、勉強しないとだね~ 」 となり、担当をさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くるくる四重奏 by 劇団猫の森

12月最初の日曜日はコンクール表彰式に出席するつもりでしたが、体調不良が続いている為沖縄行きをキャンセルしました。 師範会を終えて月曜日に帰阪してからほとんど寝て過ごし、ちょこちょこマッサージを受けて、金曜日からは起き上がれるようになりました。 そして日曜日は付き添いをしてもらい、以前から応援している劇団「猫の森」の公演を観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄芸能大会~関東支部

関西支部の演奏会より1週間早い11月12日(日)に、関東支部で「沖縄芸能大会」があります。 神奈川県、及び川崎市の指定無形文化財の一つに、琉球古典芸能があるんです。 今回で80回目だそうで、着実に伝統を受け継いでいらっしゃる姿勢が伺えます。 お近くにお住いの方、お時間がありましたら、是非足をお運びください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旗頭忘備録~西七町

前回よりの続きで、このページでは西七町の旗頭をご紹介致します 写真の横に書かれているのは、町名、旗頭(旗の上にある飾り)、旗字の順に書いております。 西一番 八卦(はっち) 凱歌(がいか) 若狭 京判やーま(ちょうばんやーま) 鎮群(ちんぐん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旗頭忘備録~東七町

那覇の大綱挽の前に行われる、旗頭行列 前回ブログでは、ぎーぎーのお友達が所属しております「泉崎」の旗頭のみでしたが、他の地域の旗頭もなかなか素敵なんです このページでは、まず東七町の旗頭をご紹介いたします。 写真の横に書かれているのは、町名、旗頭(旗の上にある飾り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那覇大綱挽まつり~旗頭行列

7日(土)~9日(月)の3日間、那覇にて大綱挽まつりが行われ、8日(日)午前中は、国際通りで旗頭の行列を見てきました 線維筋痛症で全身が痛くなってから、外出はめっきり減少 大学時代にあちこちの芸能を追いかけていたのがウソのように、近所のお祭りもほとんど出かけなくなっておりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レディ・ガガさんも線維筋痛症

9月13日(水)のスマホニュースに、レディ・ガガさんの活動休止の理由が掲載されていました なんと、ぎーぎーと同じ「線維筋痛症」との事 派手なコスチュームで周囲を驚かし、颯爽とした立ち振る舞いをされていましたが、活動を休止するという事は、そうとう前から痛みと戦っていら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保持者認定

少し前の7月22日(土)、新聞に、文楽の人形遣い・吉田和生さん、能囃子方小鼓・大倉源次郎さんと共に、琉球古典芸能から太鼓の比嘉聰先生が人間国宝の認定を受けらた事が掲載されました。 おめでとうございます そして、国宝の認定と同時に保持者認定もあり、野村流音楽協会より2名の先生が、琉球箏曲興陽会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸能シンポジウム

6月25日(日)に、渡嘉敷本流守藝の會が主催致しますシンポジウムが、沖縄タイムスギャラリーで開催されます。 ぎーぎーも舞踊は渡嘉敷流。 現在は少数派になってしまいましたが、渡嘉敷守良先生は沢山の舞台に立たれ、写真を撮ったり、芸談を書かれたりして、後世に渡嘉敷流の型を残そうと様々な努力をされたようです。 渡嘉敷流の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実物を見て、触れました

どこの学校も同じようだと思いますが、ぎーぎーの通っていた学校からは2か月に1度、会報が送られてきます 会報と言ってもほぼ「雑誌」 総合大学のため、在校生でもスポーツを中心に多方面で活躍されている方が多数いらっしゃり、卒業生に至っては数えきれないほど・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の音楽業界 再編

3月28日、いつものように携帯へ配信されるニュースを見ていたら、一つのショッキングな記事が飛び込んできました 「音楽配信会社フェイス 日本コロムビアを完全子会社に」 ぎーぎーにとって日本コロムビアは、とても思い出深い会社です と言いますのも、短大を卒業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪観光

関西支部の免許審査翌日、会長とウチの師匠と3名でミナミ観光へ行ってきました 沖縄へお帰りになるまでの僅かな時間でしたし、特に観光プランを準備していた訳ではありませんでしたので、行き当たりバッタリです(スミマセン ) 会長のリクエスト 「以前行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉三郎丈 沖縄伝統の組踊に挑戦!

毎朝、NHKの朝のニュース「おはよう日本」を、用事をしながら見ておりますぎーぎー 昨日21日(木)の特集のコーナーにて、玉三郎丈が組踊に取り組まれたことが紹介されました NHKホームページ http://www.nhk.or.jp/ohayou/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「朝薫五番」とは?

先日お知らせ致しました、組研自主公演「朝薫五番 組踊一挙公演」ですが、そもそも「朝薫五番」とは?ということで、簡単ではありますがご説明させて頂きます 「朝薫五番」とは、玉城朝薫(1684~1734)が創作した五つの組踊のことです。 朝薫は中国からの冊封使(中国の皇帝より琉球国王を任命する勅使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回沖縄・鹿児島文化交流祭

2日の夜、那覇市の県男女共同参画センター「てぃるる」にて、「第4回沖縄・鹿児島文化交流祭~新玉の舞に華花誇ら」の公演がありました。 琉球新報 2013年2月3日記事   「多彩な芸能で会場盛り上げ 沖縄と鹿児島が交流」     URL:http://ryukyushimpo.jp/news/st…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琉球芸能鑑賞会

豊中市立伝統芸能館にて、琉球芸能鑑賞会がありました 豊中市は沖縄市と兄弟都市提携を結んでいる関係 沖縄市芸能団体協議会(芸団協)の創立三十周年記念公演で、沖縄の先生方が豊中市へいらっしゃり、琉球芸能を披露されました。 舞台前日、沖縄のお友達から突然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第48回(2013年度)琉球古典芸能コンクール課題曲

既にご存知の方も多いと思われますが、今年行われます、琉球古典芸能コンクール課題曲の発表がありました。 今回のコンクールでは三線の優秀、最高部門、箏曲の新人、最高部門の課題曲が変更となりました。 また、八重山古典芸能コンクール三線部門の課題曲につきましては、今回から抽選となるそうです。 受験申し込みは両コンクールとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

あけましておめでとうございます 昨年も多くの方々に助けて頂き、またたくさんのアドバイスを頂き、ありがとうございました 一年を振り返ってみますと、「痛みとの闘いで終わった」という印象でした。 多くの舞台に出演するチャンスを頂きながらも、頸椎ヘルニアの痛みで思う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本日、八月十五夜

今日は旧暦の8月15日 この日を挟んで、沖縄の各地では豊年祭(=村踊り)が行われます 昔は本当に各部落ごとに行われていたようですが、現在は本島中部~北部にかけてがほとんど。 そして部落毎に毎年行うところもあれば、2年マール、3年マール・・・と2年に一度、3年に一度行うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全島エイサーまつり

9月7~9日、沖縄市において、「全島エイサー大会」がありました 一昨年は、交差点付近での「道じゅねー」を見物 次々にやってくるエイサー隊を、2時間以上見て楽しみました。 そして今回は、運動場にてのエイサー見物
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅型 琉球王朝のいろとかたち

沖縄県立博物館で4月24日(火)より開催されております、「紅型 琉球王朝のいろとかたち」展へ、行って参りました。 この催しは、本土復帰40周年記念事業で、博物館が所蔵しているものの他、日本各地に分散しております紅型を集めて、展示したものです。 展示内容につきましては、Webページにまとまった解説がありましたので、以下抜粋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄本土復帰40周年

今日の5月15日は、沖縄が本土復帰してから40年になります。 三線をするまでは、歴史の教科書で習った程度。 あまり関心がありませんでしたが、沖縄の諸先生方とお話する際には、よくこの話題が出てきますので、自然と興味を持つようになりました。 第二次世界大戦後、沖縄はアメリカの統治下となりましたので、本土と行き来する際は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌の向こうにあるもの

2月21日(火)NHKの「クローズアップ現代」という番組で、「世界を魅了する日本の歌謡曲 ~由紀さおり ヒットの秘密~」という話題が取り上げられました (参考URL⇒http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3162…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第47回(2012年) 琉球古典芸能コンクール課題曲決定!

琉球新報のWebページを検索しておりましたら、今年のコンクール課題曲が決定したとの記事が・・・ 一年って早いですね 今回は三線の優秀賞、最高賞部門と、箏の新人賞、優秀賞の課題曲が変更になったそうです。 コンクール審査は、8月1日から。 受験の申し込みは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組踊 「孝行の巻」

組研午後の研修は、嘉手納文化センターにて組踊「孝行の巻」を鑑賞しました。 別名、「屋良ムルチ」と言われる組踊で、屋良の大蛇伝説が元になったお話で、作者は玉城朝薫です。 嘉手納町にこの伝説の元となった池があり、言わば「ご当地組踊」 ぎーぎーも以前、K先生と屋良ムルチ探検に行きました。 木が鬱蒼と茂っており、今でも拝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杜の賑い

1月21日(土)と22日(日)に、沖縄コンベンションセンターにてJTB主催の芸能イベント、「杜の賑い」が開催され、観に行って参りました。 このイベントは毎年、第三の土曜日と日曜日に行われており、県外からもたくさんの観光客が訪れる大きなイベントです。 以前よりお話は聞いておりましたので、 「観たいなぁ~」 と思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more