テーマ:歌碑・史跡

銘苅子 ゆかりの地へ

先日手合せで沖縄へ行った際、玉城朝薫さんのお墓詣りの他に、銘苅子ゆかりの地へも足を運びました。 今回ぎーぎーの割り当てとなりました「銘苅子」は、一名「羽衣」とも申します。 羽衣伝説は、世界中に200余りあるとの事。 沖縄本島だけでも、ぎーぎーの知っている場所は3か所ほどありますし、琉球の正史である『中山世鑑』や『琉球由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉城朝薫のお墓参りへ

組踊地謡研修部の自主公演「朝薫五番」公演を来月7日に控え、その組踊作者である玉城朝薫さんのお墓へお参りに行ってきました。 以前より一度行ってみたいと思っておりましたが、体調不良や稽古日程の都合などで行くことができず、今回が初めてです。 前回研修会でもその話が出ており、研修会終了後に都合のつく人だけで行こう!というお話もあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎場御嶽

昨年の夏、沖縄本島で一番の聖域、斎場御嶽(セーファーウタキ)に行った時の写真です。 琉球王朝時代、ノロの最高峰である聞大君一行が、祭事を司り、祈りをささげる場所でした。 現在でもその信仰は残っており、折々にゆかりのある方々によって御願があるようです。 10年ぶりくらいで訪れましたが、以前ぎーぎーが来た時より展示や道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二見情話の碑~関西支部歌碑巡り⑤

久志の若按司に続いて、二見情話の碑へ とても大きな碑が建っており、歌詞が刻まれておりました。 皆さん、平良先生の解説にしばし耳を傾け、思い思いに写真を撮りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久志の若按司~関西支部歌碑巡り④

金武町から名護市へ 向かった先は、「久志の若按司」に関係する所です。 久志の若按司は、組踊にもなっております いわゆる仇討モノで、あまりぎーぎー好みではありませんが、使われております節組構成は、面白いと思っております。 大抵は、本調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪金武節~関西支部歌碑巡り③

七日浜の次にに訪れたのは、金武町にあります金武節の碑でした。 ♪金武節  蒲葵や金武蒲葵に    竹や安冨祖竹  やねや瀬良垣に    張りや恩納 <歌意>  クバの葉は金武で取り、  竹は安冨祖で取り、  骨組みは瀬良垣で、    最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七日浜の碑~関西支部歌碑巡り②

とまりん横にあります、工工四の碑がある場所から、野村流音楽協会の会長、事務局長に見送られ、バスは北へ 最初に訪れた碑は、「七日浜の碑」でした。 とても小さくて地味なため、あっという間に見落としてしまいそう・・・ こちらは車窓よりの見学でした{%了解(チカチカ)hdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工工四の碑~関西支部歌碑めぐり①

とまりん横の緑地公園内に、昨年建てられました「工工四の碑」 歌碑巡りの参加者は、この場所へ8:30集合 朝早い時間にもかかわらず、遅刻者もなく全員が集合し、「工工四の碑」の前で記念撮影をしました。 ガイド役の平良副会長は、途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌碑巡り、行って参りました!

ご報告が遅くなりましたが、関西支部の皆さんと一緒に、歌碑巡りツアーへ行って参りました 沖縄は既に梅雨入りしておりますが、その日はちょうど曇り 時々晴れ間もあり、時々雨もぱらつきましたが、歌碑や史跡を前にしてガイド役をかって下さった先生の解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西支部 歌碑巡りツアー

関西支部では、5月27日(日)に「歌碑巡り」を行うことになりました。 先人たちがたくさん残して下さった琉歌 その歌が詠まれた場所や、ゆかりの地を訪ねてみましょうという企画です。 参加者は10名余り。 前日の26日(土)は師範会もありますので、そちらへの出席も兼ねて参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊野波の石くびれ~歌碑&史跡めぐり その3~

三線の新人賞課題曲の一つが「伊野波節」 ぎーぎーも新人賞の時に、たくさんお稽古いたしました。 教師免許を取った今でも、この歌は本当に難しいと思っております。 その歌に歌われている、「伊野波の石くびれ」へ、行って参りました。 民家が立ち並ぶ一角に、その入り口があります。 標識も駐車場も一応あるのですが、ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊差川世瑞先生ゆかりの地へ~歌碑&史跡めぐり その2~

三重城を後にして、ぎーぎーたちが次に訪れたところは、伊差川世瑞先生ゆかりの地、名護です。 いわゆる 「観光地」 とは言えませんが、三線を勉強される方々にとっては、とても大切な場所のひとつではないでしょうか? といいますのも、伊差川先生は世礼國男先生同様、野村流工工四を作る為、尽力された方の一人。 それまではほぼ口伝だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三重城~歌碑&史跡めぐり その1~

野村流合同演奏会の翌日、関東支部のかっちゃんとNさん、笛の先生、ぎーぎーの4名で、タクシーをチャーターして 歌碑&史跡めぐりを致しました。 お天気は曇り 風がちょっと冷たかったですが、雨に降られることはありませんでした。 最初に訪れたのは、「三重城」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more