ヘルプカードを取得

C27B8887-FC40-414A-940D-ECD52C8B9D5C.jpeg8月に入り、暑い日が続いております

以前からどうしようか、と悩んでおりましたヘルプカードを、思い切って取得致しました


日常生活では一人で遠くに行くことはなく、何かあった時にも助けてくれる人が一緒にいる安心感がありました。

が、今年度より舞研に入部し、月に1回は一人で沖縄へ行く……

となりますと、やはり万一の場合(=身体の痛みがひどくなって、動けなくなるなど)は、心配

区役所へ行き、頂いたヘルプカードに必要な情報を記入しました


この事をfacebookにアップしたところ、

「そのカードを持っていても、何も変わりません」

と書き込みされた方がいらしたんです。

確かにそうかも知れませんね。


実は大阪を電車やバスでウロウロしている時には、ヘルプカードがなくても、調子が悪い時にはどなたかが

「顔色悪いよ、座ったら」

と、席を譲って下さるんです。

電車の中で咳が出た時も、隣に座った見ず知らずの人があめちゃんくれたりするんです。

だから大阪にいる時には、

「誰かが助けてくれる」

ので、心配していないです


ですが、他所へ行った時にはどうか

実家が埼玉なので、今年の1〜4月は頻繁に行き来しました。

その時の電車の様子を見る限り、お年寄りがいても、子供連れがいても、誰かに席を譲った人、一人も見ませんでした。

「あれ?前からこんな風だったかな?」

って、思いました。

それでちょっと不安になったんです


このカードが役に立つ日は、来ない方がいいです。

でも、身体が痛くて動けなくなった時、声をかけて下さる親切な人が現れる事を信じて、一人で遠出する時には持ち歩こうと思っております

この記事へのコメント