本を出しませんか?

画像昨夜サークルのメール受信箱をチェックしたら、件名に

「出版・お取材の件です。」

と書かれたメール

開けてみると、G出版社の編集さんから

「日本の伝統」という企画で本を出しませんか?というお誘いでした


メールには、ぎーぎーのブログを読んで興味を持って下さった事や、三味線でなく三線の教室を持っていて、芸能活動をしている事を珍しく思われたことがかかれておりました

ぎーぎーがブログを書き始めたのは、教師免許を取得しても、お弟子さんは取らないつもりだったこと、その代わりに同じ三線の勉強をしている方たちが、同じように悩んだりつまづいたりした時に、

「同じように悩んでつまづいてる人がここにもいますよ~」

とアピールする事で、お互いに長く琉球芸能に関わっていけたらなぁという気持ちから始めました。

書き始めて9年となりますが、当初の予定からは大きくズレ込み、三線の弟子もおりますし、三線以外の楽器にも関わり、ブログを通してお友達もたくさんできて、嬉しい誤算となっております


確かに、自分の体験談や琉球古典芸能の素晴らしさを本という形で表すのも悪くないと思います。

がっ、残念ながら自費出版の場合、たくさんのお金が必要になります

ぎーぎーが書き続けてきたブログを、出版社の方が評価して下さった事は、本当に嬉しいことです。

ですが本を出版する件は、もう少し考えたいと思います



※写真は、ぎーぎーの従兄弟が昨年出版した本。

犬を連れて狩猟をしているので、その事を本に書いてます。

この記事へのコメント