ぎーぎーのたったたった 〜大阪にて三線、笛のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第26回 ゆかる日まさる日さんしんの日

<<   作成日時 : 2018/02/14 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今年も3月4日「さんしんの日」が近づいて参りました

「さんしんの日」とは、上原直彦氏(元琉球放送ラジオ局長、「民謡で今日拝なびら」パーソナリティ)が発起人となり、沖縄の伝統楽器である三線を通じて沖縄を中心に、世界を一つにして同じ想いが共有できるのではないか、という発想から誕生しました

その日は古典音楽の代表曲で、沖縄の祝いの席には欠かせない「かぎやで風(かじゃでぃふう)節」を正午から毎正時ごとに演奏(唱)していきます

上原氏が主に活動してきた「ラジオ」には、時報音という便利で正確なものがあり、この時報音の正時を示す音は、三線の調弦C調と同じで、「かぎやで風節」の最初の音と同じになってます。

ラジオ時報が正時を告げるのと同時に、沖縄県内を始め、県外、海外で「かぎやで風」の演奏(唱)が始まります

「さんしんの日」はこうした遊び心と共に、沖縄の家々の床の間に飾ってある三線、眠っている三線、そして国内外にある三線を、この日だけでも一斉に弾くことができたらという壮大なロマンが託されております


イベント主会場・読谷村文化センター鳳ホールでは、古典音楽・民謡・琉球舞踊各界とも会派・流派を超えて協力・出演し、三線を手に会場を訪れた観客と共に「かぎやで風節」を演奏(唱)するほか、ステージにはベテランから若手、多くの歌者が登場し、三線を手に歌を披露します。

昨年は協会の本部役員の方からお誘いを頂き、お弟子くんと一緒に読谷村にあります赤犬子宮にて奉納演奏の後、鳳ホールにて「さんしんの日」のイベントに参加させて頂きました

沖縄では今年もRBC放送が主催となって、「さんしんの日」のイベントが開催されます。

詳しくはRBCのホームページ http://www.rbc.co.jp/34day/ をご参照ください



そして今年の3月4日は、ちょうど日曜日

本来のサークル活動日ではありませんが、いつも活動拠点として使わせていただきております学校に許可を頂き、場所をお借りして

 「三線無料体験教室」

を開催しようと思っております

勿論、今まで三線を弾いたことがない方や、子供さんと一緒に参加、というのも OK です。

詳細が決まりましたら、ブログ、ホームページなどで告知致しますので、たくさんの方々と一緒に「さんしんの日」に三線を弾いて楽しめたらいいなぁ〜と思っております

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第26回 ゆかる日まさる日さんしんの日 ぎーぎーのたったたった 〜大阪にて三線、笛のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる